MAKI
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-11
Tel: 03-6434-7705
E-mail: info@makigallery.com

田中敦子

Atsuko Tanaka, ''95A', 1995, vinyl paint on canvas, 193.7x280.0cm
Atsuko Tanaka, ''95A', 1995, vinyl paint on canvas, 193.7x280.0cm

1932年大阪府に生まれた田中敦子は、戦後関西を拠点に活動した前衛グループ「具体美術協会」の主要メンバーであり、音、光、電気や空気といった非物質的要素を作品に取り入れた先駆的アーティストです。京都市立美術大学西洋画科および大阪市立美術館付設美術研究所で学んだ後、1955年に白髪一雄、村上三郎、金山明とともに具体美術協会に参加しました。活動初期の1950年代には数字や文字を用いた構成主義を思わせるコラージュ作品を制作し、1965年まで続く具体時代には電球やベルや布を用いた実験的パフォーマンスやインスタレーションを発表しました。そして、具体を離脱した後も晩年まで制作活動を続け、電気回路に着想を得た絵画群を2005年にこの世を去るまで精力的に描き続けました。おびただしい数の円と線が接続を反復しながら織りなす田中の抽象画は、視覚言語としての記号性を帯びており、アートとテクノロジー、身体と環境といったテーマを普遍的に扱った作品です。2005年の死後、国際的な再評価が高まり、2008年から2011年にかけてインスブルック(スイス)、ニューヨーク(アメリカ)、バンクーバー(カナダ)、バーミンガム(イギリス)、カステジョン(スペイン)で回顧展が開催されたほか、2007年のドクメンタ12や2008年のシドニービエンナーレで紹介されるなど、田中の芸術活動の先見性が現代美術の文脈において近年見直されています。主なコレクションにニューヨーク近代美術館、グッゲンハイム美術館、パリポンピドゥーセンターなどがあります。

pagetop