〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-11-11
4-11-11 Jingumae, Shibuya-ku
Tokyo 150-0001 JAPAN
Hours: 11:30 - 19:00
Closed on Sundays and Mondays
Tel: +81-3-6434-7705
E-mail: info@makigallery.com

Kazuo Shiraga

Kazuo Shiraga, Tenhorin, 1974, oil on paper laid on panel, 72.7x60.6cm
Kazuo Shiraga, Tenhorin, 1974, oil on paper laid on panel, 72.7x60.6cm

1924年尼崎市で生まれた白髪一雄は、素足で直接支持体に描くエネルギッシュな絵画をはじめ、肉体、精神、素材との関係性をテーマとする革新的な作品で知られています。中学校時代に絵画部に入ったことをきっかけに画家を志し、京都市立絵画専門学校で日本画を学びました。卒業後1952年には、日本画の技法に縛られないより自由な表現方法を求め、金山明、村上三郎、田中敦子とともに「0会」を結成。1955年、吉原治良が率いる「具体美術協会」に0会のメンバーとともに参加すると、庭に置いた約1トンの泥の中に裸で入り格闘したり、天井から吊るしたロープを掴み床に置いたキャンバスに足で描画したりするなど、パフォーマンス要素の強い前衛的な作品を発表しました。具体の掲げた、独創性、即興性、伝統との決別といったマニフェストに共鳴し、グループの中心的メンバーとなりました。具体後期の1970年には比叡山延暦寺で修行を行い、翌年得度。1972年の具体解散後には、密教に関心を抱いたことをきっかけに、より宗教性を深めた作風となりました。白髪は1960年代から今日まで国内外の数多くの展覧会に出品しており、特に2000年代に入ると、欧米での具体再評価の高まりにともない、その中でも最も高く評価される作家となりました。近年では、兵庫県立美術館(2001年)、横浜美術館(2009年)、ダラス美術館(2015年)で個展が開催されています。2008年に尼崎市にて死去しました。

pagetop