MAKI
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-11
Tel: 03-6434-7705
E-mail: info@makigallery.com

カズ・オオシロ

Kaz Oshiro, 'Pink Marshall Stack Wall (Three Marshall Double Stacks)', 2002, acrylic and Bondo on stretched canvas, 182.9 x 228.6 x 36.2 cm, Photo: JJ Stratford
Kaz Oshiro, 'Pink Marshall Stack Wall (Three Marshall Double Stacks)', 2002, acrylic and Bondo on stretched canvas, 182.9 x 228.6 x 36.2 cm, Photo: JJ Stratford

カズ・オオシロは1967年沖縄県生まれ、現在カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動している。カリフォルニア州立大学で、1998年と2002年にそれぞれ文学士と美術学修士を取得。オオシロは、ポップアートやミニマリズム、抽象的表現主義などを参考にしながら、それらの思想を独自に展開し、立体と平面、抽象と具象、リアリティとイリュージョンなど、さまざまな二項対立の上に立って作品の本質を探っている。
オオシロの代表作であるごみ箱、キャビネット、スーツケース、アンプなどはあまりにも忠実に再現されており、最初それは作品と意識されない。しかし、それらがキャンバス上に描かれたものだと知ることで物の見方は逆転する。観る者は木枠に貼られたキャンバスが、芸術作品であることの証明となっているがごとく感じられるかもしれない。また作品のリアリティを強調する古びた質感や色、シミ、傷などは、古典的なだまし絵のテクニックに思えるが、そこに焦点をあてると、まるでポロックやデ・クーニングのような、みごとに計算しつくされた抽象表現として見えてくる。
ほぼ単色で構成されるキャンバス作品「Still Life」シリーズも、キャンバスが変形したりシワがよったりしていることで、立体作品と平面作品の間をさまようことになる。このようにカズ・オオシロの作品は、二つの反する要素の間を揺れ動き、観る者を惑わせる。しかしながら、これら作品は私たちに芸術作品の存在や定義を見直すきっかけを与えてくれるのだ。
主な個展は、「Steel Unforged」galerie frank elbaz(パリ、2017年)、「A STANDARD」Honor Fraser Gallery(ロサンゼルス、2017年)、「Diffuse Reflection」galerie frank elbaz(パリ、2015年)など。2014年には、ロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA、ロサンゼルス)での個展「Chasing Ghosts」も開催された。またThe FLAG Art Foundation(ニューヨーク、2015年)、Walker Art Center(ミネアポリス、2012年)そして Hammer Museum(ロサンゼルス、2005年)でもグループ展に参加。日本でも、2014年、Bunkamuraザ・ミュージアム(東京)、兵庫県立美術館(兵庫)そして名古屋市美術館(愛知)で巡回したグループ展にも参加している。また彼の作品は、国立現代美術基金(パリ)、ロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA、ロサンゼルス)、Rubell Family Collection(マイアミ)、Zabludowicz Collection(ロンドン)など、数多くの著名な公共および民間のコレクションに収蔵されている。

pagetop